ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人成りサポートサービス

とってもお得な!お試しサービス 2ヶ月間各コースを50%オフにてご提供 詳しくはこちら

現在表示しているページの位置

法人成りサポートサービス  個人の方がいいのか、法人の方がいいのかについてアドバイスします!

サービス内容
法人化についてのアドバイス
法人化手続きのサポート
特徴1
個人の方がいいのか、法人の方がいいのか、について、税金面だけでなくその他のメリット・デメリットもふまえて、どちらの方がお客様にとって有利かをアドバイスします。
特徴2
法人にする場合は、法人化の手続きはもちろん、法人化後もしっかりサポートします。

こんな方にオススメ!

  • その1 個人で事業を営んでいるけれども、法人化しようかどうか悩んでいる方
  • その2 個人事業での所得が800万円を超えてきたという方
  • その3 事業を拡大していこうという方
  • その4 これから事業を始めようとしているが個人でやるか法人でやるかを迷っている方

メリット

  • 個人と法人とでどちらの方が税金を節約できるかがわかります。
  • 税金面だけでなくいろいろな視点から法人化のメリット・デメリットがわかります。
  • 法人化の検討、法人化の手続き、そして法人化後も、一連の流れすべてを任せられます。

サービスの流れ

  • 創業第1期に限りますので、第2期についてはご相談ください。
  • お試しサービスとの併用はできません。

料金

税抜きの金額です。

法人成りのメリット・デメリット

簡単に、法人成りのメリットとデメリットをご紹介いたします。
最終的には税金面ばかりにとらわれることなく、どのように事業を拡大していくかどうかが一番大事ではないでしょうか。

メリット
区分 項目 法人 個人事業
税金面 経営者の給料
  • (1)経費になる。
  • (2)給与所得控除を受けることができる。
経費にならない。
経営者の退職金 一定の場合を除いて経費になる。 経費にならない。
経営者の生命保険料 一定のものは経費になる。 経費にならない。
経営面 信用力 信用力が高いので新規取引の開始や人材募集などの点で有利。 信用力が低い。
融資 融資を受けやすい。 融資を受けにくい。
資金調達 増資による資金調達が可能。
その他 決算日 都合のいい日を決算日に出来る。 12月31日が決算日になる。
社会保険 社長も加入できる。 事業主は加入できない。
デメリット
区分 項目 法人 個人事業
税金面 交際費 一定の額が経費にならない。 経費になる。
その他 設立費用 約30万円が必要 不要
維持費 会計事務所への報酬が個人事業に比べて高い。 会計事務所への報酬が法人に比べて安い。
赤字でも一定の税金が発生する。 所得がなければ税金は発生しない。
社会保険 強制加入。 5名未満ならば任意加入。

詳しくはお問い合わせください